Posted on

浮気のきっかけは、ちょっとした不満

浮気をするというのは、とても良くない事という認識は基本的には誰にでもある気がします。
しかし、ちょっとした相手に関しての不満が火の種となって浮気に進展することは、以外と多いものです。
私自身仕事柄、上司といる時間が多かったというのがあって、奥さんに関しての愚痴を聞く事が多かったのですが、一緒にくらしていくと最初の思いを持続するというのはかなり困難であると感じました。
熱い恋愛の末に結婚しているはずなのですが、だんだんと冷めてくるというか。
そうして横にいる女性のほうが魅力的で、なんとなくトキメイテきたりするようです。
私自身いろんな部署に行っていたので、いろんな上司、それも男性ばかりでしたので奥さんの話というのは嫌なほど聞かされました。

実際私に対して思いを寄せて、少しの間だけですが浮気の対象になったこともあります。
社内では、近くに奥さんがいないこともあって、結構浮気をしている人が多かったものです。
大企業ということもあり、人も多いのですが、それなりの高給取り同士ということもあって、横恋慕して結婚をしても不足な相手ではないというのもあったと思います。
会社の特徴として美人じゃないと採用されないし、男性も仕事が出来てそれないに見た目もかっこよかったりするので、社内での浮気はかなりありました。
最終的に言えるのは、浮気の原因として奥さんにたいする不満が心の中にあるというのが一番だったようです。
恋愛中のように奇麗にしていないとか自分によくしてくれないとか、冷戦中だとか、そいういう内容がほとんどだったのですが、そういう話を聞いたり浮気する男性を見ると、自分も結婚して浮気される対象になりそうだなと思ったりしたものです。

そんなにいつも奇麗に出来ないし、相手にあわせて生活できないし、喧嘩することだってあるし、いつ浮気されるかわからないものです。

私の友達も半分は浮気されて離婚しています。
幸い夫は古風なタイプなので、よそ見をしないので有り難く思っています。
いろんな上司などの話も参考になったので、古風な夫ではありますが、それでも心配なので浮気をされないようにポイントは守って夫に魅力的な女性でいられるように努力はしているつもりです。