Posted on

私が浮気相手、主婦の不倫相手

私は独身の50代男性です
ゲーム内で知り合った主婦「子供2人の40代」女性と知り合い
直接会うことになりました
私は会う前から
会うとして、目的は、性的繋がりが目的になるよ
と先に告げましたが、それでも、会いたいとの事で、私は東京から深夜バスで東北まで行き、会いました
小柄な可愛らしい女性でした
旦那さんともちゃんと夜の営みはあると言っており、家庭に不満はないと、なので家庭を壊す気は無いが貴方には会いたかったと言われました。
彼女が車で迎えに来てくれ、ホテルに行こうとは話していませんが、私が会う前に宣言していましたので、彼女は車をホテルに向け
私は宣言通りに彼女と寝ました。
彼女曰く、不倫とか浮気に憧れていたわけでは無い、ただ貴方に興味をそそられ、会いたくなった、会うためには性的な関係を貴方は望んだので応じたとの事
その割に、私の要求に対してほとんど拒む事はなく、流石に私が躊躇して彼女の中には果てない様にしましたが、ゴムなしも直ぐに了承し、ビデオや写真も了承する
私の方が少し怖くなってくる程てましたが、彼女は旦那より大きいいらしい私を気に入ってくれ
また会いたい、またしてほしいと言って別れました。
ホテル代は彼女持ちでした
私が東京から来てくれた事を感謝しているとの事
私の推測ですが、聞くと学生時代は東京にいたとの事で、卒業して地元に戻り、しかも、お見合い結婚だったとの事で、田舎の単調な生活に変化が欲しかったのだろうと思いました。
後は、思いのほか、彼女と私の相性が良かったということなのでしょう、身体の相性もですが、子供2人を溺愛していましたが小学校を卒業して構えなくなったとも言っていたので、主婦は少しの隙間になびいてしまうのだと実感し
日常の退屈さも想像以上にでかいのだと思いました

私は結婚してませんし、今は彼女もおりません
なので、機会があり、出会いをきっかけとして遠い場所ではありましたが出向いたわけですし
また遠いからこそがある気がします。簡単な会えない、踏みとどまれる
だから、あった時に最大限のタガの外しを行えた
と想像します。
彼女とは今でも連絡していますが、中々会えません
やはり遠い

Posted on

浮気は自制心が大事

性欲が強いということは何かしらデメリットがあるのかといえばそれは間違いなく存在しています。特に男性は性欲が強いですと一人では満足できないということもあったりしますので多くの女性と関わりたがるということがあります。そういう部分は少なからずどんな男性にでも存在しているわけですし欲求を理性で抑えるということができないわけではないです。

実際、多くの人がそうやっているのです。ですが、不満やストレスというのが溜まっていたりしますと一気に爆発してしまうことがあるというのもよくある話でちょっとした浮気というのはそういうことがきっかけとして行ってしまったということがあったりします。風俗などであれば1回きりでお金を払うだけなのでそれでお仕舞いにできるのですが、相手がいる場合においてはあれは過ちであったということを言ったところで相手が認めてくれるというわけでもないこともあり、一度の不倫や浮気をずっと続けなければならないような状態になってしまうということがあったりします。

まるでテレビドラマのような状況であると言えるのですが実際問題としてそういう人を何人か私は知っているのでありえないことではないというのが実に恐ろしいことであると言えるでしょう。

特に注意したいのが酒の席における浮気の行動でしょう。お酒というのは良くも悪くも人を幸せにしてくれる気分があるのですがそれは理性を失うからということでもあったりするのでそういう理由で浮気をしてしまうということがあったりしますのでその点だけは本当に注意した方が良いでしょう。酒の上での過ちというのを日本は割と寛容であったりするのですがそれはあくまで社会的な意味であり個人的な部分においてそれが許されるというのはあくまで個人の感情によって決まることになりますのでそこまで酒の上だから、と慢心しないほうがよいことになります。

ちょっとした魔が差すということで浮気をしてしまう人もいますがそうならないように常に自制心を持つということが大事になってくるのは間違いないでしょう。

Posted on

浮気疑惑が出た知人

別に深い関わりがあるわけではないですが、知人の中に浮気疑惑がある人が存在します。その人はあるチェーン店のお店で正社員として働いていますが、その人の結婚相手も同じ会社で働いています。ただ、勤務場所は違うので、浮気をしてもばれにくい状況です。

知人に浮気疑惑がなぜ出たのかというと、その知人の同じ職場で働く人から聞いた話ですが、同じ勤務地のアルバイト店員とかなり親身な関係になっているという事です。実際に、私自身がデートをしている現場を見たというのはないですが、その知人と同じ職場の人は二人で会っている姿を見ているので、もしかしたら浮気をしている可能性もあります。もう少し詳しく聞くと、どうもその知人は昔から女癖が悪くて、浮気をしていた事もあるそうです。

この話を聞いて、結婚した後も浮気をしている事が濃厚になりました。私は、その知人の奥さんと何度か会話したことがありますが、明るくて子どもの教育にも力を入れている人だったのでちょっと浮気をされているのが可愛そうだと思ったのです。ただ、浮気疑惑があるという事は、奥さんには伝えられないですし、確実に浮気をしているかといえばまだ分からない状況なのであえて、奥さんと会っても言わないようにしています。
勤務地が違うけど、浮気をしていると自然と奥さんの耳に入ってくる可能性があり、今後浮気がばれてしまう可能性は十分あると思います。

子どもいるし、やはり結婚している自覚をこの知人には持ってほしいと思います。正直女癖が悪い所までは、私は把握していなかったので、浮気疑惑がある事を聞いてちょっとびっくりしました。ばれる前にやめてほしいと思いますけど、女癖があるとなかなか改善するのは難しいので、後先不安になります。
やはり結婚しても異性に特別な感情を湧いて、付き合うような行動をとる人は結婚には向いていないのかなと思います。ばれた時にはしっかりと奥さんと話し合ってほしいですし、離婚しないなら今後浮気をしないようにしてもらいたいです。

Posted on

押しかけ女房をしたものの…

私は、車で片道5時間かかる隣県に住んでいる彼と遠距離恋愛をしていました。
彼が出向先から元の職場に戻ってくるという話になり、それを機会に私も彼の元へ行く事に決めました。
もちろん、勝手に押しかけるのも悪いので、彼の了承を得ようと思い、行く事にするという話をすると、「仕事決めてから来るならいいよ。」との話でした。
最初は、どうしてそういう事を言うのだろうと思ったのですが、仕事が好きな私を知っているからの言葉なのだろうと思っていました。
それから仕事も決まり、引っ越す1週間前、彼の家へ行き、普段通り楽しく一緒に過ごし、彼は仕事に行き、その間、仕事で頑張っただろう彼に夕飯の準備をし、何を思ったのか、普段はしない事をしたら、女の人と2人で仲良くてをつないだりしている写真が何枚も出てきました。
一瞬、なにが起こっているかわからなくて、頭は真っ白に。
とりあえず、沢山の写真をテーブルの上に並べて、ご飯を用意して仕事から帰ってくるのを待っていました。
帰ってきて、テーブルを見るなり、だんまり。
「なにこれ?」
「出向先で合コンに誘われて仲良くなって…」とだんまり。
「まだ続いてるん?」
「戻ってくる時に、もう別れた。」
「ふーん。そしたら、私、帰るから。来週こっちに来て仕事始めるから。そしたら、またね。」
「わかった。気を付けてね。」
という会話をしました。
それから、彼の元に行き、いつも通りの生活、時間を過ごしてました。

その年のクリスマス、なぜか、別れたはずのその女の人から、レターパックが届き、年賀状も届き、それらを隠しているのを見つけました。
問い詰めると、もう友達としての付き合いだと主張。
私自身、理系出身のため、異性の友人が多いのもあり、容認できました。
なかば、もうコイツダメだわと思ったものの、仕事辞めてまで新しい仕事決めてここまで来たし、彼のステータスも悪くはないし、サブでとっておこうという軽い考えで付き合い続けました。

とある日、おばあちゃんの家に行くとの事で、3日間実家に帰るとの事。
私は仕事があり、その中で、上司を空港まで送らなければならず、空港に送って物産展があったので、その辺をウロウロしてると、目の前から、見覚えのある顔が…
もうおわかりかと思いますが、彼が、写真の女の人を連れて手を繋いで空港にいたのです。
すれ違う際、よっぽど声をかけようかと思いましたが、彼の顔を見てみると、完全に目が泳いでいて、顔が真っ赤になり、こちらをチラチラ伺っていました。
彼が女を置いて、トイレに入ったのを確認して、トイレから出てくるのを待っていました。
トイレから出てくるまでがとっても長くて、その間、おそらく言い訳を考えていたのでしょう笑
トイレから出てきて、目の前に私がいるのにビクついていました。
「ずいぶんと仲のよろしいお友達ですね。」
「…」
「なんとか言えば?たまたま上司をここに送ってきたら、なんで女と手繋いでいるわけ?別れてなかったってことやん。ずっと私を騙してたんだね。そこに女がおるみたいやから、話してくるわ。別れたって聞いたんですけど。って。」
「それはやめて!!」
「なんで?」
「可哀想やん。」
「…」
その瞬間、終わりました。
ずっと騙されてた、ウソつかれてた私はかわいそうじゃないんだと。
まさか、鉢合わせするとは思いもしておらず、空港からの帰り道は、どう追い詰めてやろうという考えで楽しく帰ることができました。

その後、話す機会があったのですが、彼のあまりにも身勝手すぎる言い訳にほとほと呆れ返り、その人に限らずですが、人って、結局、自分が1番かわいいんだなと感じずにはいられない出来事となりました。

自分も含めて、人なんて、結局は、自分が1番可愛いんだな。

Posted on

浮気は良くない、でも浮気する人だけが悪いとも思えない

浮気って自分の周りには居ない遠いものだと思っていたけれど、自分も大人になっていくにつれて、周りで浮気の話を耳にするようになりました。
最初に働いた会社は、ワンフロア―で50人ぐらいのオフィスだったので、不倫なんてないと思っていたのですが、やっぱりありました。
その後働いた別の会社は、大手企業だったのですが、不倫だらけでビックリしました。
自分も誘われたことが有り、その事が原因で会社を辞めました。
浮気は勿論しない方が平和の為には良いですが、止められない人も居るのでしょうね。
奥さんや旦那さんが大好きでいつも一緒に居たい、って思っている人はしないと思いますが、そんな人、今の日本の中でどの位居るのでしょうか。
私の主婦友に聞くと、旦那さんは居なくても良い、と言っている人がかなり居ます。
奥さんがそう思っているなら、きっと旦那さんも相当ぼんやりした人じゃない限り、同じでなくても近い感じで思っているのではないでしょうか。
勿論それで浮気をして良い、という訳ではないですが、もし、夫婦がお互いこのように思っていたとして、自分を好きだと言ってくれる素敵な異性に出会ったらどうでしょうか。
浮気なんてする気が無くても、ちょっと一緒に話をしてみたい、と思ってしまうのではないでしょうか。ちょっと一緒に話してみたい、と思って会い始めて、向こうに全然その気がないのなら食事程度で終わるかもしれません。
でも、もし向こうが自分に恋愛感情があります、と言ったらちょっとフラッと来てしまう事も有ると思います。
圧倒的に男性の浮気が多いと思うのですが、それはチャンスの問題だと思います。
旦那さんも奥さんも同じ様に仕事をしていて子供も居ないなら、二人は対等のチャンスがあると思うのですが、旦那さんがフルタイムの仕事をしていて、奥さんはパート、若しくは専業主婦で子供が居る、となると旦那さんの方が断然浮気の機会が増えます。
人ってやっぱり一人は寂しいもので、誰か自分をいつも頼ってくれる人、自分をいつも気にかけてくれる人がそばに居て欲しい、と思う人が多いと思います。
子供の世話をしている奥さんは、忙しいと思いますが、子供がそばに居てくれる事で寂しさはあまりないと思います。
でも旦那さんの方は、ちょっと仕事が一段落して早く家に帰っても家族に相手にされない場合、寂しさを誰かで埋めたいと思う人も多いのではないかと思います。
だから浮気が悪い、と言ってもその人その人のシチュエーションが違うので、一概に浮気をした人だけが悪い、というのは少し違うかな、と思います。
もし相手に浮気をされたくない、と思っているのであれば、日頃から相手を大事にすることが必要だと思います。そんな風に思う私ですが、基本、浮気反対派です。

Posted on

インターン先の社員と浮気した美人な彼女

私の大学の友人の話です。彼は婚約していた彼女に浮気されました。相手は彼女の長期インターン先の社員、それも既婚者でした。彼は、とても穏やかで優しい性格をしており誠実そのものでした。周りからの信頼も厚く、サークルの長をやっていた私はその運営に関して彼の人柄や人脈にとても頼っていました。そんな彼には、大学入学と同時に交際を始めた彼女がいました。

彼は大学四年間、一途に彼女だけを大切にしていました。彼女はパッと人目を引くような美人で性格も明るく活発、インスタグラムでは知らない人にも多くフォローされ「モデルをやっている」と思う人も多かったです。私も、初対面は同性ながら思わず見とれてしまいました。そして「彼の人柄を持ってすればこんな美人とも付き合えてしまうだろう」と納得でした。

しかし彼女と話していると違和感を感じるのです。彼女の笑顔や視線、立ち振る舞いに私はなんとなく見下されていると感じました。女性特有の感覚なのかもしれません、その場にいた男性陣は全くそのように感じることなくカップルを絶賛していました。私も一瞬妙に思ったものの、すぐに忘れてしまいました。四年生になり、彼は持ち前の誠実さと努力によって大企業の内定を難なく勝ち取りました。彼女と結婚の話もしたそうで、卒業までの期間を充実させるのみでした。そして残り少ない授業の為に学校に行き席に座っていると、別の友人に話しかけられました。

あの美人な彼女がインスタグラムのアカウントを突然消してしまったと言うのです。フォロワーに気持ちの悪いストーカー行為でもされたのでは?と思っていたところ、彼がやってきました。彼は青ざめていてこちらが声をかけても無反応でした。サークルの部室で彼と会った時具合でも悪いのかと聞くと、彼女が浮気をしたことを話し始めました。信じ難い内容でした。

彼女は長期インターンの為にある会社に通っており、そこの人事を誘惑したそうです。彼女はインターン後にその人事の車に乗り、ホテルへ行きました。人事は既婚者でしたがそういった行為は今回が初めてではないようで、ホテルのロビーで奥さんにその現場を抑えられたようです。彼女はその後彼に甘えるように泣きつきながら、「まさか私を捨てないでしょ?」と言ったそうです。彼女は自分の価値や、彼の自分に対する愛情に絶対的な自信を持っていたのでしょう。

インスタグラムに「ごめんね」「彼の優しさを信じてる」といった文やタグと共にツーショットを上げた所総攻撃を受け、アカウントを消したようです。彼は「女性を見る目が無かった」と落ち込み、これがトラウマでしばらくは誰とも付き合えないかもしれないと話しています。

Posted on

浮気ぐらい、と思っていました。

浮気されてもきっと平気だし、許せなくても別れればいい、と軽く考えて生きてきた私が、実際に夫に浮気をされた時に痛感したのは、ダメージがあまりにも大きすぎるということです。
愛する人に裏切られた衝撃は想像していたよりも強く、忘れたくても心にずっと残り続けます。
一方で夫は、一時的には気まずそうな態度を取っていましたが、時が解決してくれるとでも思っているのか、徐々に元の図々しさが戻って来ているのです。

今すぐにでも別れを切り出したいと実際に離婚届を書いたりもしましたが、子供への影響や経済的事情を考えるとどうしても二の足を踏んでしまい、簡単にその選択肢を選ぶわけにもいかず、モヤモヤを抱えながら今も生活を共にしています。
好きだったはずなのに、今は何をしていても苛立ちしか感じません。
前までは一切しようとしなかった家事を手伝うようになったのも、優しさだとか、労りだと感じるわけもなく…
ただ己の罪悪感を薄めるための行為なんだろうと思うと、そんな事で許されると考えている夫の甘い考えに吐き気がして、苛立ちは募るばかりです。

おまけに姑は、この事実を知った時に「周りに知られたら子供が可哀想だから」と強く口止めしてきましたが、口振りからして、私の子供のためと言うよりは自分の息子の世間体を気にしているだけとしか思えませんでした。
その後、姑と二人きりの時に「あなたがちゃんとしていなかったのも悪いのよ。もっと身なりに気を使ったり、美味しい料理を作ったり、優しくしたりしてあげとかないと、男なんてすぐ目移りする困った生き物なんだから」と笑って言われた時は、目眩がしました。
浮気をしたのは夫なのに、傷付くのも悩むのも、責められるのも許さなきゃいけないのも、全部浮気をされた私の方なんです。

それでも、お父さんの事が大好きで尊敬している小学生の息子に悲しい思いをさせたくありません。
こんなに理不尽な事だなんて、昔は夢にも思っていませんでした。

Posted on

学生時代の苦い思い出

私が学生の時の話です。
その時、彼女がいなくて居酒屋のアルバイトに没頭していた私は、1つのバイトだと稼げるのに限界があると思ってもう1つの掛け持ちをしようと、ラーメン屋のアルバイトを始めました。
オープニングスタッフでのアルバイトだったので、研修から始まり、ほかの所でもアルバイトの経験があった私は、比較的早く仕事を覚えました。
そこでは自分より年上の人が少なくて、ほとんどが自分より年下ばかりでした。
そのため、仕事を覚えていた私を頼ってくる人が多く、いろんな人と仲良くなりました。
その中に少しかわいいなと思っていた人がいました。
話しやすいし、面白いし。
私はいいな~と思っていたんですが、彼氏がいるだろうと思い、恋愛感情は持たないようにしました。
その時に、連絡が途絶えていた元カノから急に連絡が来て、遊びに行くことになりました。
その元カノにまだ未練があった私は、アプローチをして復縁することになりました。
そこから、私は意識していたアルバイト先の女の子にも彼女の話をするようになり、そこでまたその女の子の彼氏の話もするようになりました。
私はそこで彼氏がいることを知り、少し嫌な気持ちを持ってしまいました。ここから気持ちが徐々に変わり始めていたのだと思います。
その日から、休憩が被るとどこかご飯に行ったり、アルバイト終わりに遊びに誘ったりなどするようになりました。
ある日、アルバイト仲間で飲み会をしようということになり、みんなで飲み会をすることになりました。
もちろん、その女の子もいます。
私とその子はずっと隣で飲んではみんなから見えないところで手を繋いでいました。
2次会まで終わり、各それぞれが帰るとなった時に、私はその女の子を家まで送るからと言い、2人で帰りました。
帰ってる途中は普通の会話をしていたんですが、家の前に着いたとたんに、相手が帰りたくないと言い始めて、ハグをしてきました。
私もそれを受け入れてしまったのが悪いんですが、その時にずっと離れないままでした。
そこで、嫉妬しちゃうとか、他の人と遊ばないで欲しいみたいなことを言われて、私は間に受けました。
その時に彼女と別れる決心をしました。
後日、浮気をしてしまったと正直に理由を述べて彼女に別れようと告げると、すんなり別れることができました。
しかし、、、
アルバイトの女の子は、別れることができないと言い始めました。
そこで、私はお酒の力なのか、はたまた遊ばれただけなのか。
悩みに悩んだ結果。
ラーメン屋のアルバイトを辞めました。
大事な人も新しいアルバイトも失った私は、身を持ってよくないという事を経験しました。
その件以来、私は浮気しそうな人やしている人に、何も残るものはないからやめときな。
と注意喚起することを心がけています。

Posted on

塾の先生と浮気をしてしまった

私が浮気をしてしまったのは、22際の時です。相手の人は、予備校の時にお世話になった塾の先生です。その時、彼は小学で教師をしていました。そのため、とても忙しいということがあったんですね。私は、普通の会社でそんなに忙しくないのです。そのため、もっとデートをしたいのにと思うことがありました。しかし彼は、とても忙しいのでそのことについて強くいうことができなかったのです。

そんな時、飲みにいっていた時にたまたま隣で飲んでいたのが塾の先生だったのです。その時、懐かしい気持ちでいっぱいになり、楽しくその時のことを話したりしたのです。私は友人と一緒に行っていたのですが、その友人は翌朝が早いということで22時頃に帰ってしまったのです。

しかし私は翌日も休みだし、その先生と懐かしい話をしたいと覆うようになっていました。一軒目でかなり二人共酔っていたのですが、もっと話をしたいと盛り上がり、二軒目に行くことにしました。それは、ホテルのバーです。景色もとても綺麗で、なんとなくロマンチックな気分になってしまったのです。そこで話をしていると、その時の気持ちが蘇ってきました。優しくしてくれたので、志望の大学にも行くことができたと思っています。その先生だけが、優しかったんですね。ストレスもかなりあったので、その先生が優しくサポートしてくれたことが一番の強みでした。

その後は、どちらがということもなくホテルに行ってしまいました。そこでは、いつもと同じように優しい先生でした。そのため、彼のことはすっかり忘れていたのです。その場所から離れるときも、また会いたいという、そんな気持ちがありました。そんなことはいけないと思いながらも、気持ちが盛り上がって姉妹連絡先を聞いてしまったのです。

その後も何度もあって、彼の事よりもその先生のほうが好きになっていました。それは、多分彼のことを半分以上どうでもいいという気持ちがあったんだと感じます。

Posted on

浮気をしてしまう人の心情について

浮気をしてしまう人は、一定数います。その多くの方は『一時の気の迷い』『魔が差した』と表現しますが、自分の核や大切にするものがはっきりとして生きている人は、そういった行為や表現をしないものです。なぜなら恋愛は個人間同士の感情だけの話ではなく、様々な人間性や関連性、複雑な感情から出来上がっているものだからです。

私がよく思うのは、『浮気をする人間は、パートナーをバカにしているのと同じこと』ということです。元のパートナーを本当に大切だと思い、尊敬し敬って生きていたとすれば、他の人間に心惹かれることはあっても一線を画すことが出来るはずなのです。しかし心のどこかで相手をバカにしていたり、尊敬する心が保てていない場合には、心の浮気から体の関係へと容易に発展することが出来てしまうのです。

自分の経験から言っても、そういったきらいがありました。私の場合には体の関係にまでは至らずに住んだのですが、心が別の人に動いてしまう時期というのはパートナーに対する信頼感が揺らいでいたり、何らかの原因で敬う気持ちが薄れていたりすることが多いものでした。

その心の隙をつくかのように魅力的な人が現れてしまうと、その新しい人が非常に頼り甲斐のある魅力的な人のように思えてしまうものです。それは後で考えると『心の風邪』のようなもので、本当にひとときの気の迷いなのですが、それでもそのときにはそれが『本当の恋』であるように錯覚してしまうものです。

そういうときには、パートナーに対する気持ちを再確認することが大切です。パートナーと経て来た時間、信頼関係、共通の思いなどを考えていくうちに、それを『失ってはいけなもの』『自分にとってはかけがえのないもの』だという認識が再び現れて来るはずです。そしてその人の尊敬できる部分、憧れている部分などを考えていくうちに、心の風邪という邪念がとけて『自分に必要なもの』に気がつくことができるのです。

もし、パートナーに対する尊敬や愛着心を取り戻すことがどうしても出来ない場合、きちんとお別れして新しい方との道を選ぶということもありだと思います。大切なのは、心のケジメです。きちんとしていない行為は相手にとって非常に失礼ですし、尊敬が伴わない行為として相手をけなしていることと同じになってしまいます。